千代田区九段南の歯科・審美歯科
「日本の歯科100選」掲載歯科医院
千代田区九段南の歯科・審美歯科 市ヶ谷歯科クリニック Ichigaya dental clinic 「日本の歯科100選」掲載歯科医院

インプラント治療とブリッジ治療の違いとは

各種保険取扱・新患随時受付

お問い合わせ・ご予約は TEL:03-3239-5055

お問い合わせの際は、お掛け間違いのないようにお願い申し上げます

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-27 重盛ビル3F

MAP

※保険診療の方は現金でのお支払いになりますのでご注意ください

診療時間 月曜~木曜 9:30~19:30 金曜 9:30~18:30/土曜 9:30~17:00 休診日 日曜・祝日、年末年始
   
2023年6月7日

インプラント治療とブリッジ治療の違いとは

3d render of jaw with implants supported dental bridge


インプラント治療とブリッジ治療は、歯科医療で歯の欠損を補うために使用される2つの主要な治療方法ですが、それぞれに全く違う治療方法です。

インプラント治療は、欠損した部分に人工的歯根であるインプラントを顎の骨に埋め込み欠損した歯牙のかわりをさせる方法です。インプラントは一般的に顎の骨に結合する(オステオインテグレーションと呼ばれます)ための時間がかかります。一度結合が完了すると、人工的な歯根に対して歯冠が取り付けられます。この方法は、欠損した歯の部分を完全に再生するため、非常に自然な外観と機能を提供することができます。

一方、ブリッジ治療は、欠損した歯の周囲の健康な歯を柱とし支持をさせ橋を架けるように人工の歯を作成する方法です。ブリッジは、健康な歯の上に被せるクラウン(かぶせもの)によって構成され、その間に欠損した歯の形状とサイズに合わせた人工の歯(ポンティック)が配置されます。健康な歯は、ブリッジを支えるために削られ、クラウンが取り付けられます。ブリッジ治療は比較的迅速に行われ、歯の形態を復元することができますが、健康な歯に負担をかける可能性があるため、それらの歯の健康を維持するための適切なケアが必要です。

要約すると、インプラント治療は欠損した歯を完全に再生するために人工的な歯根を使用し、ブリッジ治療は周囲の健康な歯に支えられた人工の歯を作成する方法です。どちらの治療法が最適かは、患者様の状態や好み、歯科医の判断によって異なります。歯科医師と相談し、最適な治療計画を立てることが重要です。

インプラント治療とブリッジ治療のさらなる違いについては以下の点が挙げられます。

  1. 欠損部の骨の状態: インプラント治療では、インプラントが顎の骨に統合する必要があります。したがって、十分な骨量と質が必要です。一方、ブリッジ治療では、周囲の健康な歯に支えられるため、骨の状態に制約はありません。
  2. 周囲の歯への影響: インプラント治療では、周囲の歯に対して負担をかけることはなく独立した状態です。一方、ブリッジ治療では、健康な歯にクラウンを取り付けるため、それらの歯に負担がかかる可能性があります。
  3. 寿命と耐久性: インプラントは、正しいケアと定期的なメンテナンスが行われれば、通常は長期的な解決策となります。骨に統合しているため、自然な感じと機能を提供することができます。一方、ブリッジも審美的や機能的に優れていますが周囲の歯に依存しており、どちらか柱(土台)となっている歯がダメになってしまった場合ブリッジは使用できなくなります。つまり柱(土台)になっている歯の状態や寿命に影響を受けることがあります。
  4. 手術の必要性: インプラント治療は、インプラントを顎の骨に埋め込むために手術が行われます。そのため全身の健康状態によっては治療ができない事があります。

ブリッジ治療では、周囲の歯にクラウンを取り付けるために歯の削り込みが必要ですが、手術は必要ありません。

これらは一般的な違いですが、最適な治療法は個々の状況によって異なります。歯科医師との相談を通じて、自分に合った治療法を選択しましょう。

安心・安全の滅菌システム
メンズホワイトニング 清潔な男性って、印象良いですよね!
医療費控除計算方法
日本の歯科100選 当院が掲載されました

診療カレンダー

2024年 4月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

午前休診

午後休診

診療時間変更

終日休診

QR-cord
QR-cord

緊急時でもOK!
まずはご相談ください